windows10 写真取り込み iphone

Windows10標準の写真管理アプリ「フォト」とスマホアプリの「Photos Companion」を使えば、iPhoneからパソコンへWi-Fiを使用して写真を簡単かつ高速に転送、インポート(取り込み)することができてしまう。今回はそのやり方を紹介する。 iPhoneのスペースを解放してより多くの写真を撮影したいでしょうか。それなら、iPhoneから写真をWindows 10パソコンに移動して、スペースを確保する必要がありますね。具体的なやり方はこの記事に記された三つの良い方法をご参照ください。

iPhoneやiPadからWindows 10に写真を共有する場合、OneDriveなどのオンラインストレージ経由で共有する方法がありますが、最新のWindows 10の写真アプリでは、Windows PCとiOSデバイスが同一Wi-Fiネットワーク上であれば、簡単に共有できるように機能が追加されています。 Windows 10でiPhone 7やiPhone Xで撮影した写真や動画をインポートする際、最初は上手く動作するものの、ある程度時間が経つと「このデバイスに到達できません」「システムに接続されたデバイスが機能していません」といったエラーが頻発して途中で中断してしまう状態に。 今回はWindows 10搭載PCでiPhoneの写真をうまく取り込めない場合の対処法を詳しくみていきました。 iPhoneの写真をPCに取り込む方法は以下のとおりいくつか存在しています。とりあえず取り込みたい場合は別の方法を利用するのがオススメです。 iPhoneで撮影した写真をWindows10の「フォト」を使ってパソコンのピクチャに取り込む方法をご紹介しています。

WindowsのPCにiPhoneからUSB経由で画像や動画を取り込もうとすると、「デバイスに到達出来ません」というエラーメッセージが出て、取り込みが中止されてしまいました。 ネットで検索した解決法を試しても、なかなか解消されなかったので、試したことと解決法をまとめておきます。 Windows10への画像・動画の取り込み方法 iPhoneの初期設定を変えて解決する. それに、iPhoneの写真をパソコンに取り込む、iPhoneやiPad間で写真を同期することもできます。では、Windows 10/8.1/8/7などからiPhoneに写真を取り込み、転送する方法をご案内。 Windows10になってからiPhoneの写真など、データを転送する方法が少し変わり、どこにあるのかちょっと分かりづらかったです。PCに取り込むにはデフォルト設定のままだと、iPhoneを認識はしてくれるけど、「PC」に表示されるだけでち ここからが大切です。 初期状態では「自動」になっているところを 次の設定をiPhoneでしていきましょう。 iPhoneの設定 ↓ ↓ 写真 ↓ ↓ ↓ MACまたはPCに転送 .