http ステータスコード 403

まずは基礎知識 正式名称. 403、404、500、503などのステータスコードについて.

ページを開いた瞬間に「403」や「404」という数字がブラウザに表示され、目的の情報に辿り着けない!実はこれらの数字、「ステータスコード」と呼ばれる、サーバーからの一種の返答のようなものなのです。そんなステータスコードについて詳しく解説します。 http レスポンスステータスコードは、特定の http リクエストが正常に完了したどうかを示します。レスポンスは 5 つのクラスに分類されています。 情報レスポンス (100–199), 成功レスポンス (200–299), リダイレクト (300–399), クライアントエラー (400–499), サーバエラー (500–599) エラーページという表現をしていますが、正しくは「HTTPステータスコード」という正式名称があります。 要するに、Webサーバーからのレスポンス状態を表す数字コードという … この時の「404」は「httpステータスコード」と呼ばれるものです。 この数値によって、エラーの原因が異なります。 つまり、この数値を理解することで、通信が上手くいったか、なぜ失敗したか等の情報が分かるのです。 画像提供:Wikipedia 403 Forbiddenエラーは、ユーザーがURLにアクセスしたときにHTTPサーバーからユーザーに送信されるHTTPステータスコードです。. サーバーはリクエストを理解しましたが、リクエストの実行を拒否しています。 httpステータスコードは100番台から500番台まであります。 400番台から500番台はサーバやリクエストに対してエラーがあった時に返されるコードです。 HTTP / 1.1を定義するドキュメントであるRFC 2616は、すべてのHTTPステータスコードの定義を示しています。 のため403 Forbidden、それは言う:.