Slack スレッド 検索

Slackのスレッド機能の使い方についてまとめました。Slackにはメッセージ個別に返信することができるスレッド(thread)機能があり、その使い方とスレッドしたときの通知まわりについて解説していきます。ぜひSlackのスレッド機能を使いこなしましょう! オペレーション部 江口です。 社内でちょっとしたSlack連携をしたいという話があり、少しSlack APIをいじっています。 利用されている方はご存知の通り、現在のSlackにはある話題についてスレッドを作成できます。 検索を開始して関連するメンバーやチャンネル、ファイルを見つけます。 Slack でチームの会話の履歴を検索すれば、業務の進行に必要な関連メッセージ、ファイル、チャンネルや人が簡単に見つかります。 Slack 内の検索方法. 「全未読」画面から、自分が Slack から離れていた間に見逃した未読メッセージを、まとめて素早く確認することができます。確認しながら、メッセージに次のように対応することもできます。 目新しい内容をざっと確認、チャンネルを既読にする Slack(スラック)を使い始めたばかりの方必見!これだけ押さえておけばSlackを使いこなせる基本的な使い方を22個お伝えします。初心者でもわかりやすいように、さまざまな場面にあわせて説明していきます。Slackならではのメッセージの編集や取り消しなどについても一つ一つお伝えしています。

スレッドを使うと、Slack での会話を常に整理された状態に保つことができます。会話の流れを妨げることなく、特定のメッセージに対して質問をし、背景情報を追加し、フィードバックを追加することがで … 「高度な検索難しそう…」と思われるかもしれませんが、Slack の入力補完がすごいので大丈夫です。 上記で紹介した何かしらの頭文字を打てば、色々とリストに表示されるので、このページを参考に検索してみてください。 また、ツールバーの[ジャンプ]、もしくはメッセージ本体をクリックすると、そのメッセージが投稿されたチャンネルまたはスレッドが表示されます。 メッセージを検索する. Slackでは、入力したキーワードを含むメッセージを検索できます。