OMD EM5 Mark2 手ぶれ補正 設定

あらゆる種類の手ぶれを補正する、5軸手ぶれ補正機構が進化。世界最高となるシャッター速度5段分 [1] の補正性能を実現しました。 レンズ内手ぶれ補正機構では補正できない回転ぶれや、マクロ撮影時に発生しやすいシフト(並進)ぶれも強力に補正。

手ぶれ補正の設定画面をみると、「レンズの焦点距離」を入力する項目があります。つい「入力しなくては」と思ってしまいますが、OLYMPUSやPanasonicの専用レンズを使う場合は、設定する必要はありません。今回は「レンズの焦点距離」の入力を使う場面としくみについての解説です。 高感度のジャイロセンサーからの情報を基に、画像処理エンジンTruePic VIIIが新開発の5軸手ぶれ補正ユニットを正確に制御することで、E-M5 Mark IIを上回る最大約5.5段 [1] の手ぶれ補正性能を実現しました。 ボディー内手ぶれ補正なので、装着するすべてのレンズで手ぶれを補正できます。 このページではオリンパスの最新ミラーレス「OM-D E-M5 Mark III」のレビューを掲載しています。 4回目となる本記事ではE-M5 Mark IIIの手ぶれ補正について。 [手ぶれ補正] を選択中に [info] ボタンを押し、[] で焦点距離を設定後 ok ボタンを押 します。 [8mm] から [1000mm] までの焦点距離が設定可能です。 レンズに記載の数値、またはその数値にいちばん近い値を選択してください。 オリンパス直営店で「OM-D E-M1 Mark II 12-40PRO特別セット」が台数限定出品中.
olympusのミラーレス一眼 om-d e-m5、たのしいですね。今使っているカスタム設定を紹介します。カスタムしているところだけ順不同で書いてみます。om-d e-m5 おすすめ設定af方式af方式は、s-af+mf。これはafでピント