JR 西日本 安全研究所

鉄道事業 (安全の取り組み) jr西日本グループ鉄道安全考動計画 2022概要; 安全管理体制; 安全管理体制に対しての第三者評価; 福知山線列車事故後の安全性向上に関する取り組み; 安全の取り組みの紹介; 事故などの発生状況; お客様・沿線の皆様との連携 jr西日本あんしん社会財団について 「安全で安心できる社会づくり」の一端を担いたいとの思いから、事故や災害に遭われた方々などへの心身のケアに関わる活動や、 jr西日本あんしん社会財団について 「安全で安心できる社会づくり」の一端を担いたいとの思いから、事故や災害に遭われた方々などへの心身のケアに関わる活動や、 安全行動学研究分野 2019年度 ㅴ銥行動学実験実習 Ⅰ ―研究 分野 紹ㅼ ― 所属メンバヸ OBヷOG 博士課程修ㅕ:大学教員、(公財)労働科学研究所研究員、JR西日本安全研究所研究員 jr西日本あんしん社会財団について 「安全で安心できる社会づくり」の一端を担いたいとの思いから、事故や災害に遭われた方々などへの心身のケアに関わる活動や、 これまで取り組んできた「安全性向上計画」「安全基本計画」「安全考動計画2017」の思いやエッセンスを引き続き継承し、2018年度からの5年間、jr西日本グループをあげて「jr西日本グループ鉄道安全考動計画2022」を推進していきます。 「安全研究所」は、当社が発生させた福知山線列車事故後、二度とこのような重大な事故を繰り返さないとの決意から2006年6月23日に設立されました。 jr西日本あんしん社会財団について 「安全で安心できる社会づくり」の一端を担いたいとの思いから、事故や災害に遭われた方々などへの心身のケアに関わる活動や、 jr西日本グループ鉄道安全考動計画 2022概要; 安全管理体制; 安全管理体制に対する第三者評価; 福知山線列車事故後の安全性向上に対する取り組み jr西日本ホームページ. jr西日本ホームページ. JR西日本安全研究所は、教材「事例でわかるヒューマンファクター1【基本編】」を発行した。 社内外で活用されている「事例でわかるヒューマンファクター」(2007年3月発行)の改訂版で、ヒューマンファクターとは何かをやさしい表現で分かりやすく解説。 (3)国鉄、JR西日本で保線屋として線路保守管理業務に従事。 (4)平成3年、鉄道工事を行っている広成建設(株)に出向し、常務取締役施工本部長としてゼロ災運動を導入し安全再建を推進。 安全研究所 研究成果の活用:あんけん Vol.10 研究成果レポート この研究レポートは、これまでの安全研究所の取り組みや平成28年度までの主な研究成果をとりまとめたものです。 2006年6月23日設立。 社内だけでなく他企業や研究機関から専門家を招き、現在31名で研究・調査活動を推進しています。 鉄道事業 (安全の取り組み) jr西日本グループ鉄道安全考動計画 2022概要; 安全管理体制; 安全管理体制に対しての第三者評価; 福知山線列車事故後の安全性向上に関する取り組み; 安全の取り組みの紹介; 事故などの発生状況; お客様・沿線の皆様との連携 2005年4月25日に福知山線脱線事故が発生してから今日で15年が経過しました。運転士を含め107名が亡くなり562名が負傷した、日本の鉄道事故でも特に大きなもので、鉄道業界だけでなく社会に与えた影響も大きかったものでした。既に多くのメディ jr西日本ホームページ. 公益財団法人JR西日本あんしん社会財団事務局 〒530-8341 大阪市北区芝田二丁目4番24号 TEL:06-6375-3202(平日10:00~17:00) FAX:06-6375-3229 E-mail:info@jrw-relief-f.or.jp jr西日本あんしん社会財団について 「安全で安心できる社会づくり」の一端を担いたいとの思いから、事故や災害に遭われた方々などへの心身のケアに関わる活動や、 2007年3月には研究の成果を安全教材『事例でわかるヒューマンファクター』として発行、全社員およびグループ会社へ配付しました。