3歳 授乳 虫歯


一生の虫歯リスクは3歳までに決まると言われていますが本当なのでしょうか? そこで、小児歯科専門の歯科医院「アリスバンビーニ小児歯科」で理事長を務める丸山進一郎先生に噂の真相を聞いてみまし …

子供が虫歯になる背景には、大人からの虫歯菌の感染や、だらだら食べなどの習慣などがあります。子供の虫歯について知り、大切な歯を守ってあげましょう。世田谷区千歳烏山駅の歯医者、高尾歯科医院の子供の虫歯についてです。
でも、3歳まで我慢すれば安心かというと、決してそうではありません。 3歳までの虫歯予防が大切だといわれる原因は、3歳という年齢が、一般的に子どもの乳歯が生え揃う時期だから。3歳を過ぎても、当然虫歯菌は感染しますので、注意が必要です。

3歳の子でも虫歯になります! 1歳、2歳のときよりも虫歯になるリスクはぐーんと上がるんです。 その大きな原因は食生活の変化。 大人と同じ物を食べるし、甘いお菓子も食べるようになりますよね。気をつけていても虫歯になってしまうことはあります。 「母乳を長期間与えていると虫歯になりやすい」「夜間授乳は虫歯になりやすい」こんな話を聞いたことはありませんか?実は、母乳だから虫歯になる!というわけではないのです。でも、ある条件が揃えば母乳が虫歯を作る要因になることもあります。