著作権保護期間 延長 メリット


著作権法の改正により著作権の保護期間が著作者の死後50年から70年に延長されることになりました。法律を改正するからには、それなりの理由があるはずです。ところが、これまで著作権の保護期間が著作者の死後50年では短すぎるという意 著作権保護期間の延長において、名前が度々挙げられるのがウォルト・ディズニー社です。 ディズニー社は自社の著作権保護に非常に敏感な会社として知られており、創業者であるウォルト・ディズニーが製作したキャラクターの著作権を取られたことがきっかけといわれております。 「著作権保護期間の延長問題を考える国民会議」のシンポジウムが12月11日,東京・青山のウィメンズプラザで開催された。以前の記者の眼でも紹介したことがあるが,同会議は著作権保護期間の延長問題について,広く議論を呼びかけることを目的に発足した団体である。 すでに先週のことになるが,東京国際フォーラムで11月8日,「著作権保護期間の延長問題を考える国民会議」設立の記者会見が開かれた。設立の目的は,著作権保護期間の延長問題について,広く議論を呼びかけることである。

著作権保護期間延長は、デメリットだけではなく、アメリカの思い通りになったわけでも決してない。 日本には昔から重んじてきた“和”の文化、そして、日本人独特の繊細な感覚や、器用さが織り成す技術が … 著作権は創作性を保護するものであり、模倣や真似を保護するものではない。また、アイディアや手法を学んだ上で自分の作品を創作するのは自由。「著作権の過剰な保護が新たな創造を阻害する」というのは、芸術に対する無理解などゆえ。 著作権者の権利保護及びその活用が主たる業務である著作権管理事業者であるからには、著作権保護期間は長い方が有利と考えるのが一般的だと思います。しかし、著作権保護期間は、本当に長い方が良い …



著作権保護期間を、著作者の死後70年に引き伸ばすべきか、現状の50年のまま維持すべきか――こんな議論が活発化している。