法事の あと の食事 服装

前もって予定がわかっている法事は、葬儀やお通夜に比べると服装の準備がしやすい儀式ではあります。でもどれくらい改まった服装がいいのか迷ってしまうことも。四十九日法要、一周忌、3回忌、7回忌、13回忌と進むに従って変わってくる服装マナーについて解説します。 法事/法要の服装で、よくある疑問/質問. 法事・法要は参列者の都合の良い日に合わせて行われますが、季節を問わず執り行われるものです。 暑さまたは防寒対策で会場に持参したものが、マナー違反だったというケースも考えられます。 上げ法事を行うときには、一般的には、お寺で法事を行ったあと、食事会をします。香典は2万円~5万円が相場です。 食事会がない場合は5000円~3万円が香典の相場になります。 血縁が近いほど、高額な香典を包むのが一般的です。 法事の後には何が待っていますか?そう、会食です。自宅やお寺、レストランなどで参列者に食事をふるまう会食を、お斎(おとき)と言います。そこで本記事では、法事後の会食挨拶で恥をかかない為の7つの一般常識をご紹介します。御参考になれば幸いです。 法事の会食をする際に、会食の席順が僧侶の出席・欠席で変わったり「陰膳」という聞きなれない言葉が出てきたりといつもとは違う状況に戸惑った経験はありませんか?今回記事では、おすすめの法事の会食メニューや金額相場から席順や陰膳といった用語まで解説します。