挨拶 意味 こころ

挨拶と言ってもたくさん種類がありますよね。あなたはそれぞれの挨拶の意味や目的を考えたことはありますか?今回は、挨拶の語源やメリットも含めて、挨拶の意味を解説していきます。他にも、好感度の高い挨拶のやり方も紹介するのでぜひ参考にしてください。 挨拶(あいさつ)はなぜ大事なのか?言葉の意味や歴史・事例も踏まえ、挨拶の重要性とその効果的な活用方法をご紹介。すぐにできる簡単なノウハウを学校や職場・家庭で活用しましょう。詳細は記事に … 質問の内容から推察して、「挨拶」の意味をお調べになったのでしょう。 でも、現在使っている「挨拶」には「相手に迫る」なんて物騒な意味は持っていませんね。 相手の心にちょっと触れる、という感じですよね。 挨拶は人間関係の潤滑剤です。 挨拶は「心を開いて相手に近づく」という意味です。 人間関係を大切にする茶道では「一挨一拶」は、精進の基本とされています。 素直に挨拶ができることは、人間本来の姿であり、人間社会の秩序の基であるとの教えがあります。 あいさつ(挨拶)の「あい」には、心を開くという意味、「さつ」には、その心に近づくという意味があります。 要するに、あいさつとは、自分の心を開くことで、相手の心を開かせ、相手の心に近づいていく積極的な行為なのです。 なぜ「いただきます」「ごちそうさま」と言うのでしょう? その意味・語源・由来を紹介します。「いただきます」「ごちそうさま」という挨拶に、日本の心があらわれています。人と人とのつながりや食への関心が高まる今、知っておきたい日本の文化。