冬 寝室 湿度

冬、寒いからと言って 湿度をあげすぎると結露し、カビが発生 します。 一方で、 冬の風邪やインフルエンザ対策には湿度が高い方がいい のも有名ですね。 高湿、低湿で危険性が増すものをそれぞれまとめました。 日本の冬は湿度が低いと言われますが、はたしてそうなのでしょうか? また、乾燥していた場合、人体などにどのような影響が出るのでしょうか。 今回は、湿度がどのような影響をあたえるのかについてご説明します。 そのほか、4種類の加湿器の特徴や、寝室で使いたい加湿器についてもご紹介します。 湿度管理もほどほどが肝心. 目次. 暖房器具; 加湿器; 就寝前にお風呂に入 でも、もちろん部屋の湿度が高いせいで寝室が結露することもありますので、 まずは手持ちの湿度計で部屋の湿度を計ってみましょう。 部屋の湿度は50~60%に保つといいといわれていますので、その適正湿度に達していれば加湿器を使う必要は少ないと思われます。 エアコン; 扇風機; 水枕・氷枕; 入浴; 冬の快適な睡眠方法. これらは睡眠時の、寝室の温度と湿度が適切でないからです。そこで今回は、睡眠時に最適な温度と湿度を紹介し、どうすれば適切な環境を整えることができるかを紹介します。 スポンサーリンク. 睡眠に快眠な温度や湿度はどのくらい? 熱帯夜の快適な睡眠方法.