カンタス航空 B747 羽田

kina309さんが、2019年11月24日に羽田空港で撮影したカンタス航空 Boeing 747-400 VH-OEGの航空フォトです。 概要. カンタス航空 羽田・シドニー路線の機材はb747-400型機 By: Mark Harkin B747-400型機は、カンタス航空が国際線長距離路線で使用する大型機です。 『タイ入国も60回を超えました!ここ数年で、TGの機材も新規投入で、若返り、古い機材のキャビンやシートはリニューアルが進んでいます。今まで貧弱やったハード面も充実...』バンコク(タイ)旅行についてTimTamさんの旅行記です。 カンタス航空は、2020年までにb747-400型機を退役させることを発表していますが、『シドニー』の愛称が名付けられているb747-400型機のラストフライトのスケジュールを発表しました。 カンタス航空の747が就航したのは今を遡ること47年前の1971年。 以後、747-300や747-SP、747-400などあらゆるジャンボを総計57機、導入した。 それらは世界各国に就航、現在日本線では、羽田〜シドニー線に747-400を使用する。 羽田に到着するカンタス航空のシドニー発初便QF25便=8月1日午前5時14分 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire 羽田と豪州を結ぶ直行便は、同社が初めて。 カンタス航空はオーストラリアのフラッグ・キャリアであり、その機材数、国際便と国内便の就航都市数において国内最大の会社である。 1920年11月に設立され、klmオランダ航空、アビアンカ航空に次ぐ世界で3番目に古い航空会社で、旅客国際便開始は1935年5月である。 カンタス航空は、2020年までに最後に残った6機のボーイング747を退役させると発表。代わりに、ボーイング787-9ドリームライナーを6機導入する。ついに、ボーイング747はカンタス航空から姿を消す。カンタス航空は1971年から同機を使っ

羽田空港の駐機エリアの端のさらに端の方に日中いつも駐機しているカンタス航空のジャンボジェット機。ボーイング747-400。タイ国際航空、ルフトハンザ ドイツ航空と並び 羽田空港にやってくる貴重なジャンボジェット。 6 カンタス航空 成田・羽田-オーストラリア線のビジネスクラス.

往復ともカンタス航空、往路は羽田→シドニーのb747-400ビジネスクラスを利用しました。フルフラットになる座席でしたが、小細工なしで座席を2メートルおきに配置しただけなので、全席通路アクセスなどは不可能でした。 羽田空港発シドニー行きカンタス航空(qf26)のビジネスクラス。b747-400のビジネスシート(スカイベッド)は、古いので乗りたくないです。エアバスで導入している全席通路側のスタッガードシートが …

6.1 カンタス航空 a330-300型機; 6.2 カンタス航空 b747-400型機; 6.3 成田空港・羽田空港では「サクララウンジ」が利用可能; 7 ジェットスター航空 成田・関西ーオーストラリア線のビジネスクラス